カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

平成23年度試験公示

平成23年度の新司法試験実施要領が公示されました。
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00013.html


5/11・12・14・15の4日間だってさ。
願書出願日程とかも、あわせて手帳に書いておこう。

特筆すべきは、
しょっぱなが選択科目であることと、
短答式試験が最終日になったことと、
民事系の4時間問題がなくなったこと。

この日程変更の趣旨は、
「融合問題って作りにくいから、もう分けちゃおう。」
「時間をちゃんと区切るから、受験者の負担軽減になるっしょ。」
「途中答案も減少するっしょ。」
「初日が短答だと、できが悪くてあきらめちゃう人がいるから、最終日にしてあげよう。」
という趣旨のようです。

昨年度に比べてだいぶ制度が変化しました。過去にも、突然短答の配点が削られたりしました。
今後も何があるかわかりません。公示には目を光らせる必要ありです。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?
スポンサーサイト

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

2010年度本試験終了

2010年度の新司法試験が終わりましたね。
受験された皆様、おつかれさまでした!

来年はいよいよ俺の出番!
本気出します!!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

下見

同級生のP&S君と新司法試験会場に下見に行ってきました。
受験生じゃないけど、「伊藤真からの手紙」はもらったさ。いいこと書いてたなぁ。

「倒産法選択の試験会場は、来年もおそらくここだろう!」とあたりをつけて、本試験の集合時間にあわせて電車に乗り、会場の雰囲気等を確認してきました。

家から会場まで、集合時間に合わせるとすごいラッシュ。
来年の本試験期間中はホテルをとることに決めました。
本試験会場の雰囲気を知ることで、俄然やる気が出ました。

幸運の女神は準備されたところにやってくる (パスツール)

準備は万端。
残りジャスト1年!全力投球します!!


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

2010年度

明日から2010年度の新司法試験が始まります。5日間の行軍開始。
僕は来年度にならないと受験できないので、本来ならば対岸の火事なのですが、緊張してます。
「自分自身、来年受験するんだ。どんな問題が出るんだろう?」という思いがあるからです。
それだけではありません。
一緒にいろいろな(本当にいろいろな)経験をしてきた友人が今年受験するからです。
(こっちの理由の方がデカい!)

頑張れとしかいえないけど、頑張れ。
あきらめるなとしかいえないけど、あきらめるな。
あきらめるなあきらめるな。ぜったいぜったいあきらめるな。

いいか。
やすむな。やすむなんておれはゆるさないぞ。
ゆるさない。
やすむときは死ぬときだ。
生きているあいだはやすまない。
やすまない。
おまえが、おまえにやくそくできるただひとつのこと。
やすまない。
あしが動かなければ手であるけ。
てがうごかなければゆびでゆけ。
ゆびがうごかなければはで雪をゆきをかみながらあるけ。
はもだめになったら、目であるけ。
目でゆけ。
目でゆくんだ。
めでにらみながらめであるけ。
めでもだめだったらそれでもなんでもかんでもどうしようもなくなったらほんとうにほんとうのほんとうにどうしようもなくなったらほんとうにほんとうにほんとうのほんとうにどうしようもなくほんとうにだめだったらほんとうにだめだったらほんとうに、もう、こんかぎりあるこうとしてもうだめだったらほんとうにだめだったらだめだったらほんとうにもううごけなくなってうごけなくなったら──


思え。
ありったけのこころでおもえ。
想え──

神々の山嶺

俺も来年すぐいくからさ、とりあえず、一足先に行ってこい!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

平成22年新司法試験の経済法の出題について

平成22年新司法試験の経済法の出題に係る法令について

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h22-04jisshi.pdf

平成22年の新司法試験では,平成21年6月3日第171回国会において成
立した私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律
(平成21年法律第51号。平成22年1月1日施行。)による改正後の私的独
占の禁止及び公正取引の確保に関する法律その他経済法分野に関する法令に基づ
いて出題することとなるが,課徴金の算定方法及び減免制度並びに企業結合に係
る改正部分については,出題しないこととする。

だってさ。

経済法を選択する人は、要チェックや(チキチキ

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

カウントダウン始めました。

早いもので、2009年が半分過ぎました。

このブログのタイトル下にて、新司法試験へのカウントダウン表記を始めました。
自分の受験予定日までのカウントダウンをすると、気が引き締まります。
ちょっとドキドキしてきちゃった

数字はウソをつきません。
締切意識をもって、120%全力で、カウントダウン0の日まで突っ切りましょう!!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

2009年度新司法試験実施中

2009年度の新司法試験が行われています。

僕はあと2年後に受験・・・。

うーん、長い!!
あと半年後に試験でいいよ。
その方が、今の10倍気合を入れて勉強すると思うから。


鉄は使わないと錆びる。
よどんだ水は鮮度を失う。
寒い中にいると凍りつく。
怠惰もまた、心の活力を奪ってしまう。
」(レオナルド・ダ・ヴィンチ)

自分自身を錆びさせないために、常に自分自身を追い込んでおかないと。

そのために、自分自身にこんな質問をするのはどうだろう?

半年後に試験があるとしたら、今、自分は何をすべきだろう?
緊急事が起きて1ヶ月街を離れなければいけないとしたら、何をしておくべきだろう?


出てきた答え=合格のために今やるべきこと!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

新司法試験:短答式試験の配点が変更されました。

新司法試験の短答式試験の配点が変更されました。

新司法試験における採点及び成績評価等の実施方法・基準について[PDF}(法務省)

第3 短答式試験と論文式試験の総合評価
1 総合評価の方法
 (1) 総合評価は,短答式試験の得点と論文式試験の得点を合算した総合点をもって行う。
  ただし,論文式試験において最低ラインに達していない科目が1科目でもある者については,それだけで不合格とする。
(2) 合算の際の配点については,短答式試験と論文式試験の比重を1:8とし,総合点は以下の算式により計算する。

算式=(短答式試験の得点×1/2)+( 論文式試験の得点×1400/800)


要するに、短答式試験の結果の価値を従来に比べて半分にするということです。

おぉい、いきなりかい!

いくら制度改革の真っ只中とはいえ・・・。
寝耳にウォーターな人は多いんじゃないでしょうか。

今後も制度変更は多く生じるのでしょう。
どう気をつけていいのかわからないけど、気をつけなされや(気休めに言っておきます。)

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

平成20年度新司法試験合格体験報告会

平成20年度新司法試験合格体験報告会に参加してきました。

平成20年度の新司法試験に合格した獨協大学法科大学院修了者のうち、7名からナマの話を聞けました。

17:00~19:00の予定のはずが、予想以上に質疑応答等が充実したため21:00まで延長されました。(長い!)

合格者の方の勉強方法やキャラクターはそれぞれ異なっていましたが、各人のマインドは共通していました。
「他人(学校・予備校等)に頼るのではなく自分自身で切り拓くのだ」という熱意、情熱、意地等を感じ取りました。

話を聞いて合格者の努力がよくわかりました。

新学期早々気合が入りまくりです

とりあえず、一年次の後期のうちから短答対策にも力を入れます。
タクティクスを使って勉強する戦略=名づけて、「タクティクスタクティクス」で余裕を持って3年後の試験に臨むつもりです。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

2008年度新司法試験合格発表がありました。

2008年度の新司法試験の結果が発表されました。

我が獨協大学法科大学院は、40人受験して30人が短答に合格して8人が最終合格です。

他の法科大学院の合格者の割合と比べて、見劣りはしていません。
⇒法科大学院別合格者数


だけど、個人的には「もっと合格してほしかったなぁ」と思います
身内の欲目なんですけどね。


新司法試験の合格発表を受けて、獨協大学法科大学院長のコメントが発表されました。
⇒一読しておきましょう


さあ、俺も頑張ろ~うっと!



合格した先輩方、おめでとうございます!!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。