カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

LOHASDSTEP

習慣というものは最初は目に見えない糸のようなものだが、
それを繰り返すごとに、太くなって紐になり、やがて太い綱になって、
私たちの思考と行動をしっかりつなぎとめてくれる。
(オリソン・スウェット・マーデン)

獨協大学法科大学院に入学してから、次の10個を日課としています。

L:ロー(法律)の勉強
O:オーガニック(青汁を飲む)
H:ホームページやブログの更新を行う
A:アファメーションをする
S:サクセスダイアリー(成功日記)をつける
D:ダイアリー(10年日記)
S:ストレッチ(脱力整体)を行う
T:トレーニング(ビリーズブートキャンプ・ヒップホップアブス・コアリズム・空手)
E:目の訓練(近視予防の訓練をする)
P:プランニング(当日と明日の計画をたてる)

自分の理想とする姿を思い描いて、日課にすべきことを抽出してみたらこの10個が浮かび上がってきました。

それぞれの頭文字をとって、LOHASDSTEP(ロハスドステップ)とネーミングしています。

手帳にチェックリストを作って、LOHASDSTEPをしっかり行ったかを日々チェックできるようにしています。
すべてをしっかりと終えたときはとても充実した気分を味わうことができます。「実りある1日を送ったぜぃ」と思えます。

最終目標を決めて、日課にすることを決める。これだけのことで、漠然とした焦りや心配・不安などの気持ちから解放されます。

日課を決めて取り組むことはお金をかけずに自分を鍛えられる方法のひとつです。
あなたも理想像から逆算した日課作りをしてみてはいかが?

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?
スポンサーサイト

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

新司法試験:短答式試験の配点が変更されました。

新司法試験の短答式試験の配点が変更されました。

新司法試験における採点及び成績評価等の実施方法・基準について[PDF}(法務省)

第3 短答式試験と論文式試験の総合評価
1 総合評価の方法
 (1) 総合評価は,短答式試験の得点と論文式試験の得点を合算した総合点をもって行う。
  ただし,論文式試験において最低ラインに達していない科目が1科目でもある者については,それだけで不合格とする。
(2) 合算の際の配点については,短答式試験と論文式試験の比重を1:8とし,総合点は以下の算式により計算する。

算式=(短答式試験の得点×1/2)+( 論文式試験の得点×1400/800)


要するに、短答式試験の結果の価値を従来に比べて半分にするということです。

おぉい、いきなりかい!

いくら制度改革の真っ只中とはいえ・・・。
寝耳にウォーターな人は多いんじゃないでしょうか。

今後も制度変更は多く生じるのでしょう。
どう気をつけていいのかわからないけど、気をつけなされや(気休めに言っておきます。)

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

ya-okey式VAKフュージョン学習法(TM)

同じ時間をかけて勉強するのなら、より効率的に学習できる方法を採ったほうがいいに決まってます。
というわけで、僕は勉強法を日々研究し進化させています
今回はその研究成果の一部を発表します。

人間は「五感」(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)を使って周りの世界の情報を得ています。
「勉強するときは、視覚だけでなく他の感覚能も使うと、記憶力が高まるよ」なんて学校の先生がよく言いますよね。
(「暗記するときはブツブツ言いながら歩き回れ」「手の爪の部分を押しながら繰り返し唱えるとよく覚えられる」などというのもその類の話です。)

五感のうち、法律の勉強に強く関係するのは、
・視覚 Visual
・聴覚 Auditory
・触覚 Kinesthetic
です。
認知心理学の世界ではそれぞれの頭文字を使って「VAK」というそうです。

VAKをフル活用すると、基本書・参考書・問題集を読むだけ(=VAKの使用割合:視覚100%)の勉強法に比べて格段と記憶の定着がよくなります。

VAKを活用する勉強法とは以下のようなものをいいます。
・問題集、参考書を読む(視覚)
・覚えるべき部分を書き写す(触覚)
・覚えるべき内容をブツブツとつぶやいたり叫んだりする(聴覚)
・ペンやパソコンを使い実際に問題を解いてみる、答案構成をしてみる(触覚)

これらの方法を融合させて圧倒的に効率よく勉強をすすめる方法を生み出しました。
次のような感じです。

前提:単元を決めて目的をもって基本書を読む
①問題集から問題を探し、該当する問題を読む(視覚)
②解答を考えて天津木村のエロ詩吟のように「吟じます!」(聴覚)
③基本書等を参考にしながら模範解答をPCで書く(触覚)
④書いたデータを音声ソフトにより高速再生する。再生させたものを聴く(聴覚)
⑤聴きながら自分で打ちこんだ文字を目で追う(視覚)
→次の単元・問題へ


この方法を取り入れれば、1つの問題を検討するにあたり、聴覚→触覚→聴覚→視覚と四回刺激することになります。
学んだ内容がものすごく記憶に残ります。

ya-okey式VAKフュージョン学習法(仮名)としておきます。
(勉強法については合格後本や講演会で語りたいと思っています。そのときにもっと格好いいネーミングにします。)
この勉強法のポイントは②と④にあります。
②を飛ばすとただの写経になってしまい、記憶に残りません。
④を行うと強制的に知識を刷り込んでくれる感じを得られます。試験前などの短期記憶養成に威力を発揮します。
音声ソフトを使って速聴するあたり、デキる人っぽいでしょ。書いたものを高速で読み上げてくれるフリーソフトはたくさんありますよ。

この勉強法は外見もスタイリッシュ。
ヘッドホンつけてパソコンをいじっているだけです。
受験生特有の悲壮感・貧乏くささがなくてGOOD!ステキポイントGET!

・・・あ、②吟じているときは変な人か。。。



騙されたと思って一度やってみてくださいな.
VAKでGO!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

心を平和に保ったまま勉強できるようになる方法

すごい本に出会いました。



「○○の方法」的なタイトル&装丁が派手な本は、えてして内容が薄っぺらなことが多いのですが、この本は一味も二味も違います。

自分が自分の感情に背くことから問題は生まれる。
いったん自分の感情に背くと、現実を見る目がゆがめられる。
自分の周りに起きている問題は自分が引き起こしている。

自分への裏切り=箱
箱の中にいると業績向上に気持ちを集中させることができなくなる。
ではどうすればよいか。
心をいつも平和に保つ方法とは?


あまりにも内容が深すぎて最初は混乱しました。
シリーズの続編を読んで、前作をさらにもう一度読み直してみてなんとなくわかりました。



人間関係について今までたくさんの本を読んできましたが、このシリーズはまったく新しい視点を提供してくれます。

「うなずく」、「聴く」、「誉める」などのテクニックでは本当の意味で人間関係はよくならない。
Do(何をするか)ではなくてBe(どうあるべきか)が大事なのだ。
という根底のメッセージを感じ取ることができます。

ホンモノを教えてくれる本といってよいでしょう。
これも名著に認定!
あと5回は読みます。

自分自身、「優越の箱」「当然の箱」「体裁の箱」にとらわれていることが多いですが、意識して箱から出ます。
「この本の内容を真に体得したとき、人生の達人になることができる」と強烈に感じました。

法科大学院生にも法曹にも必ず役立つ一冊です。

ぜひご一読を!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

獨大生が牛丼を12杯タダで食べられ、かつ1000円稼げる方法

獨協大学法科大学院周辺の吉野家でキャンペーンをやっています。
スタンプカード式のキャンペーンで、丼または定食1食につきスタンプを1個押してもらえます。
スタンプを12個集めると「吉野家どんぶり」がもらえます。

実はこのどんぶり、人気商品なんです。
オークションに出品すると5000円~6000円くらいで落札されます。

→ほらね。

牛丼を12杯食べれば380円×12=4560円
豚丼を12杯食べれば330円×12=3960円
この結果GETした「吉野家どんぶり」をオークションに出品して5000円で落札されれば、「12杯タダで食べられてさらに1000円くらいもらえる」ということになります。

キャンペーン実施店は、下記の通り。
松原団地店、越谷高架下店、せんげん台店、南越谷店、北越谷駅前店、4号線越谷店

期限は2009年2月23日まで。

今からチャレンジすると、3日に1回くらいの割合で牛丼を食べることになりますが・・・。牛丼好きな方、どうでしょう?
「なんていい情報をくれるんだ。君は!一生ついていくぜ」と泣いて喜んでくれれば幸いです。

→松原団地店はここね。今すぐGO!

この「吉野家どんぶり」、僕は個人的に欲しいと思っています。
ちょっと家で使ってみたいもん。。。(こういうやつが多いから5000円の値段がつくんでしょうね

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

試験二週間前の心得

獨協大学法科大学院では、冬季休業があけた2~3週間後に定期試験があります。
「試験範囲は勉強してきたところ全部ね」という科目が多いため、なかなか大変です。
ある程度ヤマをかけながら、一科目まるまる勉強しなければなりません。

現在試験期間2週間前。

ようやく試験に向けた詳細な予定・計画を立てました。
「7割以上得点する落ちない答案を書く」といういつものスタンスでいきます。

試験にのぞむ際には計画だけでなく、あり方(Be)も意識すべきです。
「何か結果を得たい(Have)、何かをやりたい(Do)」という場合、どうあるか(Be)がもっとも重要だからです。正しい「Be」を保っていれば「Have」や「Do」はついてきます。

僕の今回の試験に臨むBe目標は次の通り。
・試験直前でもあせらない(心に余裕を持つ)。
・完璧主義は悪。
・笑顔と好奇心を忘れない。愚痴や文句を言わない
→試験だろうがなんだろうが、楽しめればそれでOK


愛読書の一文より・・・
「金持ちはお金のためにはたらかない。お金が金持ちのためにはたらくのだ。」(金持ち父さん
これを法科大学院生用にもじると・・・、
「デキる男はテストのために勉強しない。テストが勉強のためにあるのだ。」

テストに支配されるな。テストを支配しよう!!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

食べない健康法やってます。

「食べない」健康法を実践中です。



この本いわく、
「現代人は栄養取りすぎ。だから糖尿病・高血圧・ガンなどになりやすいのだ。
現代は栄養があふれているのだから、一日一食で十分。

朝食:食べない。
昼食:そばやうどんで軽く。
夕食:アルコールを含め何食べても良い。

こんな感じでやってみそ?」

とのことです。

一日三食しっかり食べろ。
特に朝食はしっかりと食え!
という従来の常識に真っ向から反する主張をしています。

とりあえず、10日間実践してみましたが、調子いいです。
なんとなくカラダと頭が軽い感じがします。
体重も2キロ落ちました。
しばらくこの健康法を続けてみます。
時間と食費が少なくなるのがまた嬉しい。

おそらく、「一日何食がベストか?」という問題に対する答えなんてないのでしょう。人それぞれなんだと思います。

身の回りの常識を疑って、ピンときたものは取り入れる。
それでいいのだ!


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

手帳を使おう!いやホント。

目標を設定したら、目標の進捗管理をしなければなりません。
そこで必要になるのが手帳。
手帳こそ夢実現のための必須ツールです。

僕は、毎年新年に手帳のリフィルを作成しています。
(市販されているリフィルには納得いくものがないのでパソコン等で作ってます。)
昨年度の使い勝手を振り返りながら、更なる改良を加えています。
自慢ですが、友人から「売れるよ!」「俺にもおくれ・゚・(ノД`)・゚・」などと言われるくらい、使いやすい&ステキなリフィルになっています。
それくらい手帳作りには情熱を注いでいます。

効率的に目標を達成するための手帳を作るにはいくつかのルールがあります。そのルールについては、機会を見つけて書きたいなと思っています。

とりあえず今は僕の手帳哲学の基礎だけ書かせてください。

「手帳は行動管理。
行動は人生を変える。
普通の人と同じ手帳を使っていたら、普通の人生になる。
普通の人と違う手帳を使っていたら、普通の人と違う人生になる。」


だからこそ、手帳にはこだわりましょう。
「目標を決めたのに手帳をもっていない」という人は文房具屋さんへGO!
→こういうところも覗いてみるべし


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

10大目標のススメ

新年はいつも忙しいです。
目標を決めて、計画をつくるというタスクを抱えているからです。

僕は毎年10個の目標を決めています。
今年絶対に達成したいことを10個書くのです。

ここで決めた10個を「10大目標」と読んでます。日常会話でも普通に使います。
日ごろから意識することにより、実現するための機会が増えます。
ex)ある話題が出たときに、「それ、僕の今年の10大目標の1つなんですけど詳しく教えてください」などと使います。

目標を設定する際、あまりに小さい目標は10大目標に入れません。
「この目標が達成できたら、今年は本当に良い年といえるなぁ」というレベルの「できるかできないかわからないくらいの目標」を設定します。

10大目標を決めると、挑戦に満ち溢れたすばらしい年にすることができます。

10個といわず15個でもよし。思いつかない場合は4個でもよし。
とにかく目標を設定することです。

これはもう、本当オススメ。
というかやらないのはマジでバリクソもったいない。。。(夢を叶える可能性を放棄しているとまで言い切れます。)

さて、貴方の今年の目標はなんですか?

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

ディズニーカウントダウンと情報の価値

2008年の大晦日から2009年の元旦にかけて、ディズニーランドで過ごしました。

ディズニーカウントダウンに参加するのは大変です。
倍率ウン十倍のプラチナチケットを手に入れなければなりません。

僕らはそのチケットを友人のツテで難なくGET。
「せっかくなので最高のポジションでカウントダウンパレードを見よう」ということになり、ディズニーマニアの友人が、30日の夜からディズニー前で行列に並んでくれました。(その友人は毎年並んでいるらしい。いわく「好きなことをしているので苦ではない」とのこと

開場時間は31日の19時。午前11時にディズニーランド前に行ってみると、もうこんな状態。

家があるのに路上で寝ている人々
家族サービスを頑張るお父さんやら、学生やら、筋金入りのディズニーファンやらが寝袋にくるまって寝ています。
僕らは前日に寝泊りしてくれた友人達のおかげで前列の方に入れました。この列には入れたら良いほうで、後ろをみるとこんな感じ。
逆光でよく見えないけどイナゴじゃないよ。人ごみさ。

いやはや。ディズニーランドって場所はすごいです。

さて、これからが大仕事。

ディズニーマニアの友人から、いかにパレード鑑賞のためのポジションを取るかのレクチャーを受けます。
「ミッキーが踊り狂う場所は例年通りのはず。とすると、この場所がミキポジ(ミッキーポジション)になるはず。開場と同時に、みんなが走るから私達も猛ダッシュでこのミキポジをとろう!」とゲートからミキポジまでの最短距離や段差のありかやビニールシートの広げ方について細かく説明を受けました。

しっかりと頭の中に走行ルートと注意点を叩き込みます。
そして、猛ダッシュして席を押さえる部隊と荷物を持ってあとからゆっくりくる部隊とに分かれます。
僕は当然猛ダッシュ部隊

いよいよ開場です。
開場と同時に行列から解き放たれた野獣(人間ね)が各々の希望ポジションを取るためにビニールシートをもって猛ダッシュします。
ドドドドドという感じでみんな我先にと走る。
ハンパねぇ。久々にこんなハングリーな光景を見ました。

僕も負けじとミキポジまで300mくらい猛ダッシュ。
散々シュミレーションとイメトレを行っていたおかげで、スムーズにたどり着きました。
ディズニーファンが泣いて喜ぶシンデレラ城前、花火ポイント前、そしてミキポジ。
「長年頑張ってきたけど、こんなにいい席を取れたのははじめて」とディズニーファンの友達が叫んでしまうくらい良い席をゲットしました。
そこでカウントダウンパレードを楽しみました。カウントダウンパレードは初めてみたけどすごいね。一度観ておけてよかった。
めったに取れない特等席でめったにできない経験をすることができました。

パレードが終わった後は夜通しディズニーランド&ディズニーシーで遊ぶことができます。
新年早々スプラッシュマウンテンに乗ったり、深夜のジャングルクルーズを味わったり。
面白い。
徹夜で遊んできました。

ただし、あまりにも騒がしいせいか年が明けた実感がありません。
防寒対策は万全で行ったのですがやっぱり寒いし。

今回は、「その道のプロ」のありがたさを実感できるイベントでした。
ディズニー通の友人がいるおかげで、チケットは取れるし、ベストポジションは取れるし、防寒対策のイロハを教えてもらえるし、ファストパスの手配はスムーズだし、レストランもしっかり押さえてるし、極力並ばないで済むディズニーの回り方とか知ってるし、ディズニー土産のうんちくとか教えてもらえるし・・・。
「情報には価値がある。専門家には価値があるなぁ。」と感心しました。

自分も法律の分野でこんな風になろうと思いました。2009年も情報と専門性を高められる一年にします。

今年もよろしくお願いします。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。