カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

株主総会であそぼ

会社法の勉強のために、某社(JASDAQ上場企業)の株主総会に出席してきました。

取締役の選任をめぐって結構紛糾してました。

経営側:「某大手企業が当社の株式を30パーセント以上取得しました。その某大手企業から取締役が3名やってきます。取締役の選任決議(会社法329条)をくださいな。」

株主側:「反対!我々昔ながらの株主は、某大手企業からの出向である”サラリーマン取締役”が気に入らない。取締役なのに当社の株を持たないとは何事だ?リスクを負え、リスクを。市場から株式を買って覚悟をみせろ!覚悟のない取締役は認めんぞ。」
「”サラリーマン取締役”のせいで持ち味だったベンチャースピリットがなくなっちゃうじゃないか。従業員の士気も下がるだろうよ。」
「当社は大手企業なしで十分やっていけるんだ。寄生虫大手企業は出て行け。」
「ただでさえ株価が下がって株主は怒ってるぞ。配当が少ないくせに、役に立たない”サラリーマン取締役”の報酬を認めるわけにいくか、ゴラァ

予想外の反対にたじろぐ議長(代表取締役)。
すぐ横にブレーンのような集団(弁護士や会計士の団体)が控えていて、反対の声が上がるたびに社長にいろいろとアドバイスをしていました。

最終的には経営陣側が拍手による議決で決議を通してました(サクラの株主が大きな拍手をして決議を通す)。
反対の声を張り上げる株主の姿が印象的でした。

投資先の会社に思い入れ(愛着)を持つ株主も結構いるんだな、という発見がありました。

会社法の条文を引きながら株主総会を見学しましたが、株主総会に関する理解(295条~325条)が深まります。

これから本格的な総会シーズンです。
株価が安く、かつ、紛糾しそうな会社の株を一株だけ買って、一度潜入してみるってのはどうだい?

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?
スポンサーサイト

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

花見だわっしょい

新宿御苑で花見をしました。
サクラサク
仲間うちで弁当や酒を持ち寄りました。仲間の1人がチーズフォンデュを出してきたときに、「あ、自分大人になったな」と思いました。
花見をしながらチーズフォンデュ。これはもう元服の儀式でしょう。

昼間っから酒を飲んで寝そべるプレイは最高のぜいたくの一つですな

11時30分頃から開始し、気づけば閉園時間。
あっという間に時間が過ぎていました。

たぶん、この花見の間、僕は年をとっていません。
僕の持論ですが、時間をあっという間にしか感じていないときは、あっという間の年しかとっていません。
数時間が数分に感じたということは、その数分の間しか年をとっていないということ。
楽しいことをしてきた人は年をとっても若々しいし元気です。これは「あっという間」の楽しさを積み重ねてきたおかげです。
(逆に、つまらない時間は非常に長く感じます。(つまらない時間を過ごしてきた人は年をとると年齢以上に老けて見えます。これは、「長~い時間」を積み重ねてきて疲れたことが原因です。))

好きなこと・楽しいことはドンドンやっとけ!ということですね。

花見だわっしょい。
満開は今週末かな?

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

goodとgreat

GOOD(良好)はGREAT(偉大)の敵である。
偉大だといえるまでになるものがめったにないのは、そのためでもある。
偉大な学校がないのは何よりも、良い学校が多いからだ。偉大な政府がないのは何よりも、無難な政府があるからだ。偉大な人生を送る人がめったにいないのはかなりの部分、平凡な人生に満足すれば気楽だからだ。
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則


僕の1年次後期の反省点が愛読書の序文に書かれていました。

”GOODはGREATの敵である。”

そろそろ2年次が始まります。
GREATな成績を修めるべく頑張ります

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

北斗の人

司馬遼太郎の「北斗の人」を読みました。


北辰一刀流の開祖である千葉周作をモデルにした小説です。
千葉周作が食えるか食えないかギリギリの生活をしていることを父の幸右衛門が心配して諭すシーンがあるのですが、その部分を読んで胸がジーンとしました。
以下、引用します。
-----------------------------------------------------------------
「このさきどういう算段がある。うかうかすると飢えて死ぬぞ」
「食うことでございますか」
「そうだ」
こうとなれば、周作のほうが世間知らずだけに落ちついている。
「地を走る犬猫や空を飛ぶ雀さえ食っています。人間が食えぬことはございますまい」
「ばかだな、犬猫なればこそ食えるのだ。同じ生き物でも、人間はなまじい箸を使っている。人間が箸を使うようになってから、食うことがむずかしくなったのだ」
「またあんな法螺(ほら)を」
「法螺なもんか。手づかみで食う乞食は食えているが、箸で食ういっぱしな暮らしというのはなかなか成り立たぬものだということを言っている」
「当分、手づかみで食ってみます」
「周作、乞食をやるのかえ」
幸右衛門はさすがにどきりとしたらしい。
「まあ、覚悟だけは」
-----------------------------------------------------------------
「安定・普通」を望む父親と「冒険をする覚悟」をもった息子の価値観の違いがよく表れています。

法曹制度改革真っ只中の現在において、法科大学院に進学することはある種の冒険です。
将来の”安定”や”人並み”を望む人にはつらいかもしれませんが、”覚悟をもってやり遂げる楽しさ””自己責任から生じる成長”を味わうことはできます。

まずまずの人生を望むのか。
最高の人生を生きるのか。
どちらにしても後悔しない人生を送りたいですね。

そんなことを思わせてくれた一文に出会えました。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

ビバラ東京マラソン

東京マラソン2009の応援にいきました。
ギターがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
身内が10キロの部に出たので、10キロ地点のゴール付近(日比谷)で応援したのですが、サプライズで登山仲間が集まってくれました。
仲間達が応援グッズ(垂れ幕系)までつくってきてくれました。がぜん盛り上がって応援しました。
もう、みんな頑張れ状態です。
”東京がひとつになる日”というキャッチフレーズは伊達じゃねぇぜ!

そうそう、獨協大学法科大学院内のメンバーも無事フルマラソンを完走しました。
すばらしいですねYさん!

応援しながらまたフルマラソンに参加したくなりました。
サイクリング、登山、マラソンはやっぱり楽しい。

せっかく人に生まれて、冒険をしないなんて、命がもったいない!(トム・ピーターズ)
法科大学院生は勉強の合間に冒険しましょ。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

東京マラソンわっしょい

東京マラソンEXPO2009に行ってきました。
東京ビックサイトで僕と握手
昨年は東京マラソンに出場しフルマラソンを初完走できましたが、今年はあえなく抽選で落選


祭りの雰囲気だけでも味わいたく、東京マラソンエントリー会場(EXPO)に遊びに行ってきました。
小出監督、魔裟斗、安田美沙子などが来ていて盛り上がってました。

東京をあげての一大イベント。
やっぱり今年も出たかったぁ。。。

獨協大学法科大学院内には今年の東京マラソンに出場する人がいます。

プラチナチケットをゲットしたあなた
祭りを楽しんできてください。
完走を祈ってます!

頑張れ~!!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

TOEICいっとく?

獨協大学でTOEICを受験してきました。
獨協大学の庭はきれいなんだ。うん。
初めて受験しましたが、ハードな試験ですね。
集中して瞬時に正解を判断しなければなりません。

【TOEICを受験したメリット】
・試験慣れができた。
・目標に対する現在の自分の位置づけを知ることができた。

【感想】
「英語を母国語のように自由自在に操れれば簡単な試験なんだろうなぁ」という印象を受けました。
残念ながら自分はまだそのレベルではありませんが、2012年3月までにはそうなってみせます。

そうそう、獨協大学でTOEICを申し込むと受験料が1000円くらい安くなるんです。
興味を持ったあなた。TOEICいっとく?

英語が話せて損することなんてないもんね。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

「理由」中の判断

宮部みゆきの直木賞受賞作理由を読みました。


北千住駅前の高層マンションが物語の中心地。
浦和地裁越谷支部・草加のおもちゃ屋・三郷市など、獨協大学法科大学院生にとってかなりなじみの深い地名が多数出てきます。
「これ獨協大学生のために書かれてない?」なんて思いながら読みました。

扱われているテーマは“占有屋”。
(今はなき)短期賃貸借によって、占有屋がどのようにはびこっていたかがよくわかります。

“占有屋”の描写を通じて“家”について考えさせられる秀作です。
読んでおいて損はないですぞ

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

関東甲信越の南極と北極

空手の合宿で伊東に行きました。
海だよっとハーバー

伊東市役所はなぜかモダン。
近未来温泉街_伊東です。

マツムラバッサイという超上級形を合宿稽古で覚えました。何とか形になったかな。
少年部の子供たちを寝かしつけて、伊東の夜に繰り出しました。「これぞ伊東!」という感じの場末のスナックがいい感じでした。(全体的な雰囲気がね。)

伊豆地方は暖かかったです。「もう春だなぁ~」なんて感じました。

その2日後に、仕事で新潟に行きました。
新幹線の窓からみえる風景はこんな感じ。
まんが日本昔話に出てきそうな雪景色だったそうな

・・・メチャクチャ冬じゃん!

幸い、新潟駅前は雪は積もっていませんでしたが(例年あまり積もらないらしい。)、やっぱり寒いです。
やっぱり県庁所在地の駅はどこも似たような感じだよね
日本海特有のどんよりとした雲と吹きすさぶ寒風が特徴的でした。突然雪がぱらついたりします。

新潟では、相続・遺言に関する講演をしてきました。
好評を博して無事終了。
終わってから、主催者の人に新潟の寿司屋に連れていってもらいご馳走になりました。
新潟は酒がうまいし、刺身もうまい。

二軒目は新潟名物「へぎそば」を食べに行きました。
へ「き」そばじゃないよ。へ「ぎ」そばだよ。美味。

新潟について特筆すべき点は2点。
・新潟の飲食店の多さはハンパない!
・新潟のそばは立ち食いそばですらウマイ!

1週間のうち4日間を関東甲信越の南(太平洋)と北(日本海)で過ごしてみました。
ありそうでなかなかない経験だと思います。
やるのはメチャクチャ簡単だけど、やろうと思わないもんね。
(”北海道の後に沖縄いったぜ!”みたいな派手さがないからね。地味に稀有な経験をしたといえるでしょう。)

暖められたり冷却されたりしたので、体調を崩さないように気をつけます。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

幸せのちから

幸せのちからをTVで観ました。


クリス・ガードナーの半生を描いたこの映画。
--------------------------------------------------
クリス・ガードナー Chris Gardner
1954年、米国、ウィスコンシン州生まれ。父親の顔を知らず、里親や親戚の家を転々とし、母との暮らしが実現してからも継父の暴力に悩まされるが、「あなただって、望めば、いつか成功できる」という母親の言葉を支えにして育つ。
高校卒業後、海軍へ。除隊後、医師を志すが挫折。
医療器具のセールスマンとなるがうまくいかず妻にも逃げられ、81年、どん底の生活から立ち上がるため、大手株式投資会社[ディーンウィッター]の研修生となり、刻苦研鑽の末、正社員試験を突破。
昼はビジネスマン、夜は駅のトイレで子どもと寝る生活をしながらも、業績を積み、ホームレスを脱する。
87年に独立し、自らの株式投資会社[ガードナー・リッチ&カンパニー]を設立。成功を収め、遂に億万長者となる。
amazon 著者紹介ページより抜粋
--------------------------------------------------
2007年に映画館で上映されたときも観たので、これで2回観たことになります。
1回目よりも2回目の方が心に響くことが多く、楽しめました。

特にラストのシーンが好きです。
試験に合格したときの“こみ上げてくる喜び”“かみ締めるような喜び”が非常によく表現されています。
「たぶん司法試験に合格したときに俺もこうなるだろうな」って思いました。
テレビの前で、主人公と同じポーズでイメージトレーニングをしました

1回目を観たときはルービックキューブを買った。
2回目を観たときはイメージトレーニングをした。
僕にとって非常によい影響と気づきを与えてくれる映画です。

観てない人は是非一度観てください。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

破産法の語彙を増やすために

「ある分野で成功したいと思ったら、まず必要なのはその分野の語彙を増やすことだ。」
「弁護士は学校で法律関係の語彙を学び、医者は医学関係の、教師は教師に必要な語彙を学ぶ。
投資やファイナンス、お金、会計、会社法、税制などに関する語彙を学ばなかったとしたら、投資家であることに居心地の悪さを感じて当然だ。」
金持ち父さんの投資ガイド 入門編より

倒産法についての語彙を増やすためにこの本を買いました。

スキマ時間にコツコツと読んでいます。

「なんてわかりやすい本なのだろう!?」と感心しました。
破産に関する知識がドキュン・ズキュン・Bakyuunと頭に入ってきます。
値段も1000円程度と廉価。

倒産法の入門本としてこいつはオススメですぞ
すばらしぃ~

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

確定申告

2008年度の確定申告書作成を終えました。

領収証とにらめっこして会計ソフトを操作して・・・。
約3時間で申告書作成終了。昨年に比べて大幅に時間を短縮できました。
昨年の反省を活かしてコツコツと日々仕訳を継続していたのがよかった・・・
(昨年はひどかったからなぁ。。。)

とりあえず面倒な作業は終わった・・・
さあ、春休みを充実させようっと。

これを見ているあなた。確定申告するなら3/16(月)までですよ。お忘れなく。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

後期の成績発表を受けて

2008年度秋学期の成績発表がありました。
(獨協大学法科大学院では定期試験終了してから約3週間後に成績発表&試験の講評が行われます。)

個人的な出来栄えは“悪くない”という感じでした。
後期の最初に設定した個人的な目標は余裕でクリアしました
「目標を紙に書くと実現します。まるで魔法のように。」はやっぱり本当です。

後期に関して反省すべき点はいろいろあるのですが、根本的に反省すべき点が1点あります。
それは目標が簡単すぎたということです。
SMARTの法則にのっとって目標を立てるのは重要ですが、もう一つ重要な原則をふりかける必要があるのをうっかり忘れていました。
その原則とは、“もし目標を設定した時点でどうやればその目標を達成できるかがわかるのであれば、その目標は自分にとって小さすぎる”という原則です。

「エクセレントな法科大学院生時代を送る!」という人生計画の一部を実現させるための戦略としては、僕がたてた目標はまったく間違っていないのですが、今の自分の実力(レベル)に比べるとカンタンすぎました。
結果、「全体の上位20%に入る答案をそろえればいいのだからこの程度でいいや・・・」という妥協が試験勉強にも答案にあらわれてしまいました。

かめはめ波を出すことを目標に修行をした人は、たとえかめはめ波を出せなかったとしても、最低でも狼牙風風拳(ろうがふうふうけん)の動きはできるようになります。
でも、はじめから狼牙風風拳(ろうがふうふうけん)を習得することを目標に練習をした人は、かめはめ波を出せるようにはなりません。

法科大学院でのこの1年間で、僕は法律知識・雑学知識・事務処理能力・時間管理術・交渉能力など全ての面において成長を実感できました。
2年次は“従来の自分を基準に”低い目標を課すのではなく、“成長した自分を基準に”高い目標を課すつもりです。

GREATな人生はGREATな目標から!(ya-okeyオリジナルのコトバ)
現状に満足しないことに満足しよう!(3年前の手帳にメモしてあったコトバ)
自分の理想とたたかえ!(仲良くさせてもらっているある会社経営者のコトバ)


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。