カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

ワカサギ釣り

獨協大学法科大学院釣り部の面々8名で、磐梯山のふもとの桧原湖(ひばらこ)へ。
1泊2日で、氷上のワカサギ釣りを楽しみました。
氷の厚さは40センチ!

ワカサギ釣りの極意は、かくの如し。
女性を口説くときを思い出せ!と店長は言っていた。
“かあちゃん釣ったときのこと思い出して(女性を口説くときのように)
 やさしく、しつこく、あきないで、さそって、
 あたりがあったら、強くひっかけるべし!”


飽きて、上半身裸で旋風脚(せんぷうきゃく)の講義をするのは論外なのでしょう。
竜巻センプウキャクは理論上可能であると言い張るH君。
こんなことしてたら、ワカサギ逃げちゃうもんね。

初めて釣れたときは感動。祝!初ヒット☆
釣りたてを揚げてもらって、冷凍ワカサギと味を比べさせてもらいました。ぜんぜん違うことにびっくりしました。
釣りたてのワカサギは甘い!


夜に、宿までの山道を車で走っていると、見慣れない動物が道路にいました。
特別天然記念物のニホンカモシカでした。
カメラを向ける間もなく、俊敏に山の上に消えていきました。



①氷上に穴を開けてワカサギを釣る、②旋風脚を教わる、③野生のニホンカモシカに遭遇する、など体験学習の機会を多く得られた釣り部合宿でした。

おかげさまで、法科大学院に入ってから、登山、釣り、空手、自転車旅行、フットサル、検察庁見学など、さまざまな経験をすることができています。
幸せなことです。感謝!

いつも自分を磨いておこう。あなたは世界を見るための窓なのだ。バーナード・ショー(劇作家)

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?
スポンサーサイト

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

神々の山嶺

山仲間(←というとちょっと格好いいね)から借りて、神々の山嶺を読んでいます。



秀逸な描写のせいで想像力がガンガンかきたてられます。
カメラを持って冬のエベレストに入り込んだかのような感覚になります。

それにしてもハンパじゃないね。
エベレストってやつは…。
覚悟を決めた人の情熱ってやつは…。

根が素直なせいで、この小説からもかなり影響を受けてます。
2月に入って寒い日が続いていますが、
「エベレストに比べりゃ暖かいもんだ」なんて思っちゃいます。
勉強で疲れたりしても、
「この程度のことで疲れてたら、エベレストに登れないな」とか思っちゃいます。

人智を超えた挑戦から、勇気をもらいました。
(この小説の登場人物は実在の登山家をモデルにしているそうな。)

あと2・3日で読み終えます。
ラストが楽しみです。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

金持ち父さん・貧乏父さん

金持ち父さん的な弁護士に飲みに連れていってもらいました。


名寄せ帳を見せてもらい、彼の所持している固定資産の一部を知ることができました。
・弁護士事務所は自社ビル
・賃貸マンション、アパートを複数経営
・更地も複数所有(たぶん駐車場とかにしているんだろうな。)

登記簿謄本を見せてもらい、いつの時期に購入したのか、どこから資金を借りたのか、ということを教えてもらいました。
路線価図を見せてもらい、その不動産の価格は現在いくらくらいなのか、利回りはどのくらいなのか、ということも教えてもらいました。

彼の資産総額は不動産だけで数億円になっていました。

なぜ不動産投資を始めたのかを聞くと「しょせん弁護士なんて自営業。働かなくてもお金が入ってくるようにしておかないと将来が不安じゃない。」という答えが返ってきました。
ごもっとも!!
飾らない率直な姿勢に好感を持ちました。

法科大学院に入ってから、いろいろなスタイルの弁護士と交流を持つことができています。
“自分が将来どうありたいか”を考えるいい刺激をたくさん得ています。
自分もスタイルを持った弁護士になって、ビンビン刺激を与えられるようになります。
そのためにも、勉強をがんばろうっと。

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

レコーディングダイエット

レコーディングダイエットを1ヶ月続けたら、3キロやせました。

・「書くのが面倒なので食べないようにしよう」と思い、余計なものを食べなくなります。
・食べるものを気にするようになります。食べ物を買う際にカロリーを見るようになりました。
・毎日の記録を通じて、その日の出来事をより鮮明に思い出すことができます。日記の内容が濃いものになります。

一石三鳥のメリットがありました。
これは良い習慣なので、今後も続けます。

はじめは人が習慣を作り、それから習慣が人を作る (ドライデン)イギリスの詩人

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

柔道と論文式試験

“柔道と法律の論文式試験は似ているな”と定期試験の勉強をしながら思いました。

柔道は、倒されて背中を着いたらそれでおしまい。
上達するにつれて一本負けをしない倒れ方を学び、そうしてはじめて試合で勝てるようになります。
よほどの実力差がないと投げでのキレイな一本勝ちは出来ません。実力が拮抗している相手に対しては、ポイント勝ちや寝技で勝つことが多くなります

法律の論文式試験も、問いの趣旨に沿って解答できなかったらそれでおしまい(知識がなかったりすると書くことがなくて、ヒドい出来になります)。
上達していくにつれて、なんとか問いに答えることができるようになり、そこそこの答案を作成できるようになります。よほど簡単な問題でない限りパーフェクトな答案は書けません。

①常に一本負けを喫する可能性ある点、②キレイな一本勝ちは難しい点、③それゆえ乱戦の中でポイントをとっていくことが重要になる点が共通しているなと思いました。

僕の経験上(柔道黒帯です)、試合に勝つコツは「数稽古をこなす」「使える技を組み合わせて勝利パターン(コンビネーション)をいくつも作る」ことにあります。
法律の試験でも「数稽古をこなす」ことと「基本事項はすぐに出てくるようにする」ようにするのはとても大事なのでしょう。

法律の試験=試合ととらえて、どんな試合にも負けない実力を身につけます!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

定期試験終了

2年次後期の定期試験が終了しました。

ドーンと構えて試験に臨むことができました。
1年ちょっと後に迫った本試験を意識して勉強することができました
試験の出来はどうあれ、得るものは大きかったです。

さあ春休み。短答試験対策に精を出します!

赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。