カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

所信表明~後期の授業開始にあたり~

「人生で何かを成し遂げたかったらツライ時期を経験しなきゃダメだ!」と、したり顔で言う人が嫌いです。
「何もわざわざ「ツライ」と思わなくてもいいじゃないか。」と思うからです。
努力をツライに置き換えてしまったら、「努力」という言葉がかわいそうです。

たぶん、そんなことをいう人は勘違いしているのです。
「夢が叶ったら、今よりもずっと幸せになれる。だから、今を犠牲にしてでも踏ん張るべきだ。今は人生の種まき期だ。」などと。
その考えの根底には「夢が叶う=幸せになれる」という方程式があるのだと思います。

このように考えている人は結構多いのではないでしょうか。


僕はそれとは異なる見解をもっています。
「夢が叶う=幸せになれる」とは考えていません。
「夢が叶ったときに、幸せが訪れるのではなく、夢に向かって生きているときに暖かい気持ちや充実感など本当の幸せを感じ取ることができる」と考えています。

夢に向かって生きていくというプロセスの中にこそ最高の人生があるのです。
結果がどうなるかを気にするのではなく、今を本気で生きるときに暖かくて幸せな気持ちがやってくるのです。

「夢が叶ったら幸せになれるんだ」という生き方をすると、遠い未来を生きることになります。
そういう生き方をすると、他の大切なモノを失います。犠牲にします。
「俺は弁護士になったら幸せになれるんだ。邪魔するな。」などと友人や恋人、家族に八つ当たりをする人。そういう人が果たして目標を達成したときに幸せを感じられるでしょうか。
祝福してくれる人がいない人生はかえって不幸です。

今この瞬間に幸せを感じられなければ、法曹資格を得たとしても絶対に幸せにはなれません。
この瞬間を真剣に生きよう。
勉強がツライと感じるなんてもってのほか。
勉強できていることを幸せに思おう。楽しもう。
周りの人間に感謝とねぎらいの言葉をかけまくろう!


「司法試験に合格するためにつまらない生活をしろ!受験生活を楽しんではならない。」なんていう法律はないのです。


さあ、後期も楽しもう


いつもありがとう!
おかげさまで、幸せです!
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

すごい!

いつも拝見しています。すごいパワーとエネルギーを持った人だなと感心します。特に今回の話には勇気と元気をもらいました。日々の出来事に幸せを見つけられるかどうか。違いはそこですね。私も今を楽しみます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/149-8a9467ff

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。