カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

成年後見制度について

行政書士会の成年後見研究会に参加してきました。
司法書士兼行政書士の先生から成年後見実務についてのためになる話を聴くことができました。
(成年後見実務は司法書士会がさきがけとなって行っています。)

日本では人口1億2千万人に対し成年後見制度利用者は約12万人。
ドイツでは人口8200万人に対し成年後見制度(ドイツでは「世話人制度」と言われています。)利用者は約120万人。
この差が生じる主な原因としては、国が制度の利用を経済的側面からバックアップしていることが大きいそうです。

どこの社会でも、判断能力が不十分な人は全人口の1%程度を占めるそうです。
そうだとすると日本では潜在的なニーズがまだまだあるわけです。
業界ではこれらの潜在的なニーズが顕在化することを「後見爆発」と呼んでいるそうです。そして、「後見爆発」が起こったときに、圧倒的な人手不足になることが懸念されます。

獨協大学法科大学院では地域密着型の法曹を養成します。
地域密着型の法曹にとって成年後見実務は避けて通れません。

法律家として行うことのできる最善の方法をしっかり勉強しておこうと思った研究会でした。
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/163-a8ecb8a6

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。