カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

学びの段階学

知っているだけでは知らないのと同じ。
伝わらないのは存在しないのと同じ。


これは、僕の座右の銘の1つです。
(はじめてこの言葉の真実に気づいたとき、眠れないほどの衝撃を受けました


人が何かを学ぶ過程には、次の4つの段階があります。
1、知らないレベル(無知)
2、知ったけど忘れてしまったレベル
3、知っているけどできないレベル(知識)
4、体得レベル(技)

1、知らないレベル(無知)とは、その知識やノウハウなどのことを、まったく知らないという段階をいいます。勉強や経験を通して、次のレベル・「知る」という段階に移ります。

2、知ったけど忘れてしまったレベルとは、その知識を1度は知ったけど忘れてしまったという段階です。その人の態度により、1になったり3になったりします(謙虚な人なら「1、知らない」といいますし、知ったかぶりをする人は「3、知っている」といいます)。

3、知っているだけレベル(知識)とは、その知識やノウハウなどを「頭で知っているだけ」の段階をいいます。

4、体得レベル(技化)とは、その知識・ノウハウを「使いこなせる」ようになった、「自分の技とした」段階です。つまり、知っていること=頭の中で理解していることを、実際に、実行できるレベルです。

たとえば、漫画やテレビなどで空手の動きを見ただけでは知識レベル。実戦で空手の動きができるようになって、やっと技レベル。
バタフライ泳法を知っているだけでは知識レベル。実際にバタフライで泳げるようになって、やっと技レベル。
勉強法や合格のための自己管理術を知っただけでは知識レベル。実際に自分の決めたスケジュールどおりに勉強ができるようになってやっと技レベル。

体得レベルになるには(技化(わざか)するためには)、学んだノウハウや知識どおりに行動することが絶対に必要です。

そして、何かを学ぶ際には、第3段階の罠に気をつけなければなりません。
第3段階の罠とは、「知った」=「できる」と勘違いして、学びをやめてしまうことをいいます。
「知った」と「できる」との間には非常~に大きな差があるのですが、学びの初心者はそこに気づけません。

法科大学院の試験は論文式です。
頭でわかっていても書けなければ0点です。
「知っていたけど書けなかったんだよな・・・」や「頭のなかでわかってはいるんだけど適切な言葉で表現できなくて・・・」という場合、第2段階もしくは第3段階でとどまってしまっているからです。
そのままにせずに「できる(書ける、表現できる)」ようになるまで学びを深めなければなりません。

学んだ知識やノウハウなどを活かせていないのであれば、何も学んでいないのと同じ。
得たノウハウが結果として現れていないのなら、何も勉強していないのと同じ。
厳しく言えば、その勉強時間と努力は無駄!


このくらいの心持で厳しく自分を審査すれば、落ちない答案を書くための努力を惜しみなくすることができます。

はい、それでは。Repeat after me!

知っているだけでは知らないのと同じ。
伝わらないのは存在しないのと同じ。
学んだのにできないのは学んでないのと同じ。


この言葉の真実に気づけば、試験対策はバッチリですぞ!






ちなみに、これは法科大学院の勉強以外でも妥当する話。
人生の全ての分野で妥当するレベルの高い“気づき”です。あなたはこの“気づき”に本当に気づけるかな?
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

知っているだけでは知らないのと同じ。
伝わらないのは存在しないのと同じ。
学んだのにできないのは学んでないのと同じ。

→そうなんですよね。テストの優秀答案を見て、自分と何が違うんだろう考えると、きちんと知識が整理されて書けているんですよね。自分も知っていたのにーと毎回思います。

でも私の知っているというのはいわゆる第3段階であって、優秀答案を作成される方は、第4段階にまで進んでいるということなんですね。アウトプットの訓練をしないとダメだということがよくわかりました。

よどさん
あ、さっそく、repeat after meを実践してくれてありがとうございます(笑)。

「「勉強マニア」でなくて「行動マニア」が成功する」のが人生の真実です。法科大学院の勉強も同じで、勉強と行動はセットになってなければならないですよね。

「聞いたことは忘れてしまうが、見たものは記憶に残る。だが、自ら実践しない限りは、何も理解することはできない。」(中国のことわざ)

がツンガツンと行動して様々な分野で「技」化を進めていきましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/196-e002dac5

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。