カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

「学び」のための読書術

冬休みになって多少時間のゆとりが出てきたので、今までに読んだ本を再読しています。

7つの習慣
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
バフェットからの手紙
ピーター・リンチの株で勝つ
ハーバード流交渉術
・・・etc

いわゆる「名著」ばかりですね。
これらの本は、何度読み返しても多くの気づきを得られます。
内容が厚い&熱い&篤いから名著なのです。
(ちなみにどの本も法曹業務に役立ちます。必ず!)

本=先人の教えである。
先人の教えは一度読んだだけでは絶対に身につかない。
なぜなら読んだだけ=「知っている」に過ぎないから。
得た知識を技として「活用」できなければ学んでいないのと同じ。
だから、身につくまで繰り返し読め。


これが僕の学びの信念です。

「大量の本をざぁっと数百冊読むより、一冊の名著を何度も繰り返し読んで体得する方が効率的である。」
この真実に気づくまで結構時間がかかりました。

本を読むときは線をガンガン引きます。
付箋をたくさんつけます。
ガリガリと書き込みします。

こうすることで、自分の今の人生にその本がどのような気づきを与えてくれたかがわかります。
また、何をひらめいたか、具体的な行動(最初の一歩)として何をすればよいかを記録しておけます。
ひらめいたアイデアや行動予定はその後スケジュール帳に記入します。
これで本の内容をしっかりと実践できることになります。

本を読み返してみると、「何でここに線をひいてないんだ?昔の俺!」という箇所に多く遭遇します。
興味を持っていることが違うと気づく点が異なる→自身のレベルが低いとレベルの高い気づきは得られない→自分のレベルにあっていないことは学べない。
ということがよくわかります。

1回読んでそれで終わりではメチャクチャもったいないです。
良い本は何度も読んで味わいましょう!

本に書かれている内容を3つ実行(行動)すれば、人生は必ず良い方向に変わる。

読書に溺れるな。読書で学べ!
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/200-4328705b

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。