カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

空手チャンピオンの工夫

通っている空手道場に、千葉県の空手チャンピオン(全国大会出場経験多数)がたまに遊びに来てくれます。
組手の相手をしてもらうのですが、動きが尋常でないくらい速い&トリッキーです。

突きのスピードが速く、正確に急所を突いてきます。
はたから見ていると速いだけで威力がないように思えますが(「シュパッ!パーン!」という感じ。「ドスン」という感じではない。「はじめの一歩」の宮田君みたいなイメージです。)、実際に当てられると防具の上からでも効きます。

他の人の突きをもらってもそんなに効かないのになぜ彼の突きは効くのだろう?
疑問に思ったので、組手が終わった後に質問してみました。

彼は少し考えて次の理由を挙げてくれました。
1、急所を正確に突いているから。急所にダメージを与えるには多少の振動だけで十分。
2、力を入れないスピードある突きこそが最強である。
3、「先の後」・「後の先」(いわゆる“カウンター”)のタイミングが秀でているから。

そして、その後に彼が「あ・・・、でも、もっとも大きな理由はこれかもしれません・・・」と言って質問に対する最大の答えを明かしてくれました。

その答えを聞いて僕は思わず笑ってしまいました。と同時にめちゃくちゃ感心しました。


さて、どんな理由だったでしょう?




(10秒くらい考えてみてね。)





























答えは、
4、「実は僕の使っているグローブ、子供用の小さいヤツなんです。小さいグローブだから軽いし、その分スピードが早くなるし、何よりグローブが小さいと当てられた人が痛く感じるでしょ?痛くなって戦意を喪失してくれたら試合で勝てるじゃないですか(笑)」(←さわやかに笑いながら)


確かに彼のグローブは僕の使っているものよりも小さい。
でもギリギリルールの範囲内。
これは姑息とか卑怯というものではありません。彼なりの立派な研究成果です。
「真剣に勝ちにこだわってないと、そんなところまで考えないよなぁ・・・」と心の底から感心しました。


達人は常人の気づかないところに気づいて改善する・・・。
(さっき、「10秒ほど考えてみてください」と言ったけど、わからなかったでしょ?
うん、普通はわかんないよね。わかった人は変態です
達人・結果を残す人は、人の気づかないところで工夫しているものなのだ。


法律の達人を目指す我々も、達人の視点で日常を改善してみようじゃないですか。
達人視点でイノベーション フォー トゥモロウ ダイハツのキャッチコピーからパクってみた。)
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/213-335fdcb9

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。