カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

後期の成績発表を受けて

2008年度秋学期の成績発表がありました。
(獨協大学法科大学院では定期試験終了してから約3週間後に成績発表&試験の講評が行われます。)

個人的な出来栄えは“悪くない”という感じでした。
後期の最初に設定した個人的な目標は余裕でクリアしました
「目標を紙に書くと実現します。まるで魔法のように。」はやっぱり本当です。

後期に関して反省すべき点はいろいろあるのですが、根本的に反省すべき点が1点あります。
それは目標が簡単すぎたということです。
SMARTの法則にのっとって目標を立てるのは重要ですが、もう一つ重要な原則をふりかける必要があるのをうっかり忘れていました。
その原則とは、“もし目標を設定した時点でどうやればその目標を達成できるかがわかるのであれば、その目標は自分にとって小さすぎる”という原則です。

「エクセレントな法科大学院生時代を送る!」という人生計画の一部を実現させるための戦略としては、僕がたてた目標はまったく間違っていないのですが、今の自分の実力(レベル)に比べるとカンタンすぎました。
結果、「全体の上位20%に入る答案をそろえればいいのだからこの程度でいいや・・・」という妥協が試験勉強にも答案にあらわれてしまいました。

かめはめ波を出すことを目標に修行をした人は、たとえかめはめ波を出せなかったとしても、最低でも狼牙風風拳(ろうがふうふうけん)の動きはできるようになります。
でも、はじめから狼牙風風拳(ろうがふうふうけん)を習得することを目標に練習をした人は、かめはめ波を出せるようにはなりません。

法科大学院でのこの1年間で、僕は法律知識・雑学知識・事務処理能力・時間管理術・交渉能力など全ての面において成長を実感できました。
2年次は“従来の自分を基準に”低い目標を課すのではなく、“成長した自分を基準に”高い目標を課すつもりです。

GREATな人生はGREATな目標から!(ya-okeyオリジナルのコトバ)
現状に満足しないことに満足しよう!(3年前の手帳にメモしてあったコトバ)
自分の理想とたたかえ!(仲良くさせてもらっているある会社経営者のコトバ)
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/223-c7d8c12a

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。