カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

民事裁判入門

冬休みにこの本を読みました。



なんか、この本いいです。
amazonでの評価も高いです。

「民事訴訟では、裁判所は、お客が材料を持ち込む調理専門のレストランのようなものである。
当事者は、してほしい料理を特定して、たとえば「すきやき」とか「カレーライス」と注文することはできるが(処分権主義)、調理に必要な材料は、当事者がすべて取り揃えて提供しなければならない。「すきやき」を注文しながら、牛肉などの必要な材料を揃えて出さないと請求棄却になるし、「カレーライス」を注文しても、当事者が提供する材料次第で、判決として出てくる「カレー」の中身は違ってくる。
 このように、判決をするのに必要な事実や証拠(訴訟資料)の収集は当事者が時分の責任でやるという建前がとられており、裁判所のほうからの職権探知はしない。これが、弁論主義である。」


こんな調子で説明をしてくれるものだから、小説を読むかのように楽しんで民訴を学べます。

そういえば、前任の民訴の先生(S本先生)も薦めてくれてたっけ。

獨協大学法科大学院の図書資料室にも数冊置いてありましたよ。
興味ある人はチェケラッチョ
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/360-9b793dc6

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。