カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

孤高の人

山仲間(←というとちょっと格好いいね)から借りて孤高の人を読みました。



実在の人物、加藤文太郎をモデルにしたノンフィクション小説です(今、漫画にもなってるみたいね)。
会社勤めをしながら本格的な登山をする、昭和初期の異端の登山家の姿に感銘を受けました。

印象に残ったのは、次の一文。
挑戦も、戦いも、こんちくしょうも、征服もいけないのだ。
そのように、冬山を敵視した瞬間、自分自身もまた山から排撃されるのだ。


キャプテン翼の、“ボールは友だち”を彷彿とさせますが、これこそ真実なのだろうなと思いました。
ある分野に秀でた人は、その対象に対して敵意を示したり、挑戦したりしないもの。

ストイックなまでに自分の肉体を磨いて山に入る姿を読んで、自分も法律という分野で見習おうと思いました。

才能の有無で人生は決まらない。人の生き方を決めるのはひとえに一途な思い――愛情だ――

スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/373-02e7ebf2

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。