カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

A先生との飲み会

僕にとって、2年次後期のベスト授業は不動産法です。
試験の講評が終わってから、学生10数名で担当のA先生に飲みに連れていってもらいました。

「“受かるために勉強する”のと“勉強すれば受かる”というのではぜんぜん違う!しっかり目的意識を持ちなさい(バーン)」
「まず結果ありき!誰かににらまれたっていいじゃないか、出る杭として打たれるのも上等じゃないか。結果を出さず
にヒヨッているよりマシだ!(ドーン)」
「世の中には普通の事件しかない。普通の事件を面白い事件と気づくことができるかどうか。それがその人の器であり、仕事の楽しみ方だ。(ズキューン)」
「試験は鉄棒にぶら下がって4日間耐えるイメージね。ほとんどの人は4日の間に自分で勝手に手を離していく。あ、今年はダメだ…とあきらめちゃう。どんなことがあっても指一本ででもつかまっていること。俺は司法試験に合格した年、憲法を残り10分で書いた。指一本で残った感じだったね。ホント(ゴゴゴゴゴ)」

こんな感じの貴重な話が聞けました。

そんなA先生の座右の銘は、
「もうはまだない。まだはもうない。」だそうです。
“株式投資の格言だけど、日常生活にも当てはまる。特に、弁護士業務でミスをしないような心構えになる”とのことでした。

受験のカウントダウンにも当てはまりますね。
もう…と焦っていてもダメ。まだ…とのんきにしていてもダメ。
あらかじめ計画を立ててその通り実行することの重要性を教えてくれる言葉だと思います。

アツい弁護士と飲む機会を持てたりして、本当に法科大学院というところは楽しいところです。
合格して、お世話になった先生方にお礼を言いに回ることが楽しみです
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/375-61690c9b

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。