カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

なるほど民法!

同級生のP君から薦められて購入したこの本。


著者は、東大卒のカリスマ司法書士、山本浩司先生です。(ツーウェイ資格試験合格法とかで有名ですよね。)

はしがきには、「数学には定理と系という考え方があります。系は定理から導き出されます。したがって、定理をきっちり学習すれば、系は自動的に導き出されます。民法においても、同様です。」という記述があり、「科学的な学習法」をうたっています。

親族相続対策のために購入しましたが、看板に偽りなしのすばらしい本です。

たとえば、“義理の親子の名乗りをしたもの同士の婚姻は道徳的にまずい”と覚えておこう、という趣旨の記述が出てきます。この知識を押さえるだけで、「妻と離婚後に、妻の母と婚姻することができない。」(直系姻族間の婚姻禁止)という知識と、「養女と離縁後に、養親が養女と婚姻することはできない」(養親子間の婚姻の禁止)という知識が導き出せるのです。
一つの肝の知識を押さえるだけで、芋づる式にさまざまな問題を解けるようになります。

現在半分ほど通読しましたが、タイトルどおり「なるほど!」を連発できます。
この本と出会ったおかげで、親族・相続の短答式はまったく怖くないです。

「礼を言う。俺はまだまだ強くなれる。」ロロノア・ゾロ
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/382-ef34ae1b

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。