カテゴリー

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

平成23年度試験公示

平成23年度の新司法試験実施要領が公示されました。
http://www.moj.go.jp/jinji/shihoushiken/jinji08_00013.html


5/11・12・14・15の4日間だってさ。
願書出願日程とかも、あわせて手帳に書いておこう。

特筆すべきは、
しょっぱなが選択科目であることと、
短答式試験が最終日になったことと、
民事系の4時間問題がなくなったこと。

この日程変更の趣旨は、
「融合問題って作りにくいから、もう分けちゃおう。」
「時間をちゃんと区切るから、受験者の負担軽減になるっしょ。」
「途中答案も減少するっしょ。」
「初日が短答だと、できが悪くてあきらめちゃう人がいるから、最終日にしてあげよう。」
という趣旨のようです。

昨年度に比べてだいぶ制度が変化しました。過去にも、突然短答の配点が削られたりしました。
今後も何があるかわかりません。公示には目を光らせる必要ありです。
スポンサーサイト


赤矢印 このブログはいま何位かしら?

赤矢印 blogram的な評価はいまどんな感じ?

獨協大学法科大学院で学んで弁護士になる技術

コメント

個人的には、足切りの択一が後って、ちょっと違和感あるなぁ。。。
ま、やるべきことは変わってないね!

受験生としては多分喜んでもいいのかな?

行政法に2時間以上、憲法に2時間弱という手法は使えないけど。

短答と論文の日程を旧試みたくわければもっとよかった

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://navi8.blog95.fc2.com/tb.php/419-349fe52d

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。